このプライバシーに焦点を当てた予算のスマートフォンは、Googleの夢のないあなたの人生を実現したいと考えています

最近、プライバシーは誰もが気にしています。Googleもそうです。 Android 13は、何よりもプライバシーとセキュリティに重点を置いてゼロから構築されていますが、それだけでは不十分な場合は、他の場所を探す必要があります。 Murenaは、Fairphone 4などのデバイス用のカスタムOSを提供して、数年前から存在していますが、今日、ついに同社が独自のハードウェアを発表する時が来ました。

Murena Oneは、世界のPixelやGalaxyS22と競合するように設計されたフラッグシップ電話ではありません。Googleの今後のPixel6aと競合する可能性はほとんどありません。 代わりに、ムレナはプライバシーに焦点を当てた考え方を予算にやさしいデバイスにもたらします。これは確かに市場で最も強力ではありませんが、ニッチなオーディエンスを引き付ける運命にあるようです。 価格は379ドルで、銀行を破る立場にはないため、一部のユーザーにとっては魅力的なセカンダリデバイスになる可能性があります。

今日のアンドロイドポリスのビデオ

あなたがその現金のための旗艦電話を手に入れているというわけではありません。 The Vergeが報告したように、MurenaOneは6.5″1080p LCDディスプレイ、128GBのストレージ、4GBのRAMを搭載し、MediatekのHelio P60オクタコアプロセッサを搭載しています。それほど印象的ではなく、おそらく手に入れる機会を逃しています。より小さく、よりポケットに入れられるサイズを提供することで、さらに注目を集めます。電話の背面には、48MP幅のレンズを含む3台のカメラと、セルフィー用の25MP前面センサーが搭載されています。これは退屈に聞こえるかもしれませんが、microSDカードが含まれています。スロットと3.5mmヘッドフォンジャック。

Murena Oneの本当の魅力は、特にAndroidのファンなら、そのソフトウェアにありますが、 いいえ グーグル。 / e / OSにより、同社はGoogleのソフトウェアを削除するために、電話のあらゆる側面を置き換えました。 新しいブラウザ、新しいメッセージングアプリ、依存しているすべてのWorkspaceアプリの代替品、およびカスタムビルドの音楽プレーヤーがあります。 Murenaは、将来音声コマンドを有効にするアシスタントクローンであるEliviaにも取り組んでいます。 それはすべて、iOSのように見える(正直なところ)カスタムスキンにまとめられています。

とはいえ、これはまだAndroidであり、Androidアプリを実行しています。 Murenaは、お気に入りのソフトウェアをすべて提供するように設計されたアプリディレクトリを構築し、会社が提供するカスタムプライバシースコアを備えています。 「AppLounge」にはGo​​ogleアプリもありますが、残念ながら、利用可能なソフトウェアの多くをダウンロードするには、Googleアカウントにサインインする必要があります。 ここに含まれていることを補うために、Murenaはアプリをダウンロードするときにあなたの身元を表示せず、microGを使用してGooglePlayサービスやその他の必要なライブラリを置き換えます。 実践的なレポートからは、完璧な解決策のようには思えません。Googleから離れる必要がある人を満足させるほどプライベートでも、お気に入りのサービスを必要とする人のためにアプリを入手する簡単な方法も提供していません。


残念ながら、それだけが潜在的な取引ブレーカーではありません。 / e / OSの最新バージョンは、それ自体がAndroid 10をベースにしたLineageOSビルドに基づいています。たとえば、Googleがほぼ3年前に出荷したバージョンです。 その後、LineageOSは新しいバージョンにアップグレードされましたが、/ e/OSがいつ追随するかは不明です。

今のところ、Murena Oneは、業界に完全に革命を起こすことができるタイプのガジェットではなく、ニッチな電話であり続けるでしょう。 6月に米国、カナダ、ヨーロッパ、英国、スイスで利用できるようになります。 今すぐ順番待ちリストにサインアップして、在庫の準備ができたときにアラートを受け取ることができます。


google-authenticator-2022 1

Google Authenticatorの数年ぶりの更新により、セキュリティコードへのアクセス方法が微調整されます

次を読む


Leave a Comment

Your email address will not be published.