イギリス空軍が台風レーダーのアップグレードのために「本当に大きな契約」を推進

英国、ワルトン—英国の防衛当局者は、英国空軍の台風ジェット機をアップグレードする予定のアクティブ電子スキャンアレイレーダーの開発と製造を完了するためのトップリーダーの承認を待っています。

5月24日、BAEの戦闘機製造開発サイトで、国防省の公式ブリーフィングレポーターは、「私たちは今、非常に大きな契約になる予定の契約を締結しています」と述べています。システム。

MoDの防衛機器およびサポート部門のスポークスマンは、後に契約提案が大臣に提出されたことを確認した。

「ECRSMk2への投資については、堅固な財政的訴訟が提出されており、英国政府からの決定を待っています」と、欧州共通レーダーシステムプログラムの省略形を使用して、5月25日のスポークスマンは述べました。

BAEとレーダー開発者のLeonardoUKは、2020年に政府と3億1700万ポンド(4億ドル)の契約を結び、ECRSMk2を台風に統合する準備が整った標準にすることを発表しました。

そのお金は年末になくなります。その年の終わりに、プロトタイプのECRS Mk2レーダーをウォートンのBAEサイトに配送し、実稼働レーダーの完全なシステムクリティカルな設計レビューを完了する必要があります。

レオナルドのスポークスマンは、同社は「これらのマイルストーンを達成するために順調に進んでいる」と述べた。

「さらなる開発にはさらなる投資が必要です」と同社のスポークスマンは付け加えました。 「承認を条件として、ECRS Mk2ハードウェアとソフトウェアの開発を完了し、P4Eと呼ばれる4か国のプログラムを通じて新しいレーダーを英国の台風航空機に統合することを目的としています。」

台風の開発と生産は、英国、ドイツ、イタリア、スペインのパートナーシップによって行われています。 英国のMoDは現在、TyphoonTranche3艦隊に装備するために40の新しいセンサーシステムを取得する予定です。

レーダー、トレーニング、インフラストラクチャ、およびその他の要件をカバーする初期運用能力は、2030年に設定されています。

Mk2を搭載した最初の台風がイギリス空軍に配達される日付はまだ公表されていません。

ただし、数とタイミングは変更される場合があります。

現時点では、トランシェ3航空機のアップグレードですが、資金が見つかれば、英国のトランシェ2ジェットもアップグレードできます。

初期運用能力は、「その一環として、依然として大臣の承認が必要です。 [contractual] 処理する。 私たちの目標は、システムをできるだけ早く稼働させることです。したがって、2030年はバックストップであり、早期に提供できれば、それを実行します」と国防当局者は述べています。

「ドアが閉まっていることは想像できません。決定する他のあらゆる種類のより大きな戦略的選択があります。 [numbers]、だから私たちは彼らにオプションを与えています。 彼らがもっと多くのMk2を欲しがっているなら、彼らはそうすることができます。 誰もが私たちがもっと早くMk2を手に入れることができることを望んでいます」と当局者は付け加えました。

2020年代半ばからの新しいレーダーを台風航空機に装備することに言及した会社によって確保された開発段階の取引に関する2020年のBAE-レオナルドの発表。

ただし、そのタイミングは、レーダーを早期に設置するというRAFの取り組みではなく、フィンランドでの潜在的な輸出機会によって促進されました。

フィンランドの競争は最終的にロッキードマーティンF-35によって勝ちました。

台風は現在、機械的にスキャンされたレーダーを搭載しています。

ドイツとスペインは、台風を更新するために、能力の低いAESAレーダーのMk1バージョンを使用しています。 英国はより強力なMk2バージョンを選択しましたが、Typhoonパートナーは引き続き更新プログラムで緊密に協力しています。

イタリアは、英国主導のMk2の取り組みに参加することに関心を示しており、最近、プログラムに取り組むために、イタリアのエンジニアをスコットランドのレオナルドのエジンバラに派遣しました。

英国とイタリアは、Mk2プログラムへの完全な参加に向けたローマ政府による最初のステップとして、いわゆる産業合同チームを結成しました。

このアップデートは、台風の最先端を維持することを目的としたより広範な能力向上プログラムの一部であり、2035-2040年頃に航空機の交換を開始する予定の英国主導のテンペスト第6世代戦闘機の導入に先立ってリスク軽減技術が進歩しています。

より強力なコンピューターとミッションシステムのアップグレードは、意図された機能強化の1つであり、BAEの関係者は、2030年までに稼働を開始したい台風のヘッドアップディスプレイがなく、単一の大画面を備えた新しいコックピットを記者に示しました。

今のところ、英国の空中戦業界の焦点の多くは、ゲームを変えるECRSMk2にあります。

「Mk2が英国の軍隊と産業にとってどれほど大きな飛躍を遂げるのか、そして私たちが何をしようとしているのかを十分に強調することはできません」と国防当局者は語った。

最初のレーダーハードウェアは、今年後半にワルトンに納入される予定です。 MoDによると、最初のテスト飛行も2020年に予定されています。

Andrew Chuterは、DefenseNewsの英国特派員です。

Leave a Comment

Your email address will not be published.