インドは「世界の薬局」になるために中国のギャップを埋める必要があります

インドは、「世界の薬局」を目指して自給自足を目指し、主要原材料の中国への依存を減らすという野心的な計画に着手しました。

バルンシンバティ| アイエム| ゲッティイメージズ

インドは 「世界の薬局」を目指して自給自足を目指し、主要原材料の中国への依存を減らすという野心的な計画。

すでに世界第3位の医薬品メーカーであるインドは、世界で最も製造コストが低い国の1つです。 米国で消費されるピルの約3分の1、英国で消費されるピルの4分の1はインドで作られています。

ただし、インドの420億ドルの製薬セクターは、主要な医薬品有効成分またはAPI(医薬品の治療効果に関与する化学物質)を中国に大きく依存しています。

政府の報告によると、インドはAPIの約68%を中国から輸入しています。これは、国内で製造するよりも安価なオプションであるためです。

ただし、政府が支援する組織であるTrade Promotion Councilの見積もりによると、APIの中国への依存度は約85%です。 2021年に実施された別の独立した研究によると、インドの中国からのAPI輸入は約70%ですが、「特定の救命抗生物質」の中国への依存度は約90%です。 中国のAPIに大きく依存しているいくつかの薬には、ペニシリン、セファロスポリン、アジスロマイシンが含まれると報告書は述べています。

それは変わり始めているかもしれません。

2年前に開始された政府のスキームの下で、35のAPIが3月にインド全土の32の工場で生産され始めました。 ムーディーズのインドの関連会社である格付け会社ICRALimitedの見積もりによると、これにより、10年の終わりまでに中国への依存度が最大35%減少すると予想されています。

インドはCovid-19ワクチンの大規模な供給者として浮上し、インドネシアを含む75か国に供給し、2021年7月2日に医療官がビンタン島のレシピエントにワクチンアストラゼネカを注射しました。

(写真提供者Yuli Seperi / Sijori images / Future Publishing via Getty Images

ICRALimitedの副社長であるDeepakJotwaniによると、スキームの第1フェーズで合計34の製品が承認され、49のプレーヤーに配布されました。

「第一段階では、2029年までに中国からの輸入が約25〜35%削減されるだろう」と語った。 Jotwaniは推定しました。

パンデミックにおけるインドの役割

政府は、製薬セクター(現在約420億ドルの価値がある)を2024年までに650億ドルまで引き上げることを望んでいます。その目標は、その目標を2倍にして2030年までに1,200億ドルから1,300億ドルにすることです。

インドはまた、パンデミックと闘うための世界的な取り組みの主要なプレーヤーとして浮上しています。

政府によると、インドは世界の約100カ国に2億100万回以上の線量を供給しています。 東南アジア、 5月9日現在、南米、ヨーロッパ、アフリカ、中東。

インドはワクチンを輸出しています 政府資金によるイニシアチブとCovaxプラットフォームの両方を通じて。

国内の症例が急増し、国内でより多くのワクチンが必要になった2021年4月に、国は一時的に輸出を停止しなければなりませんでした。 その年の10月に輸出を再開した。

重要なことに、政府によると、エイズと闘うために世界的に使用されている抗レトロウイルス薬の80%以上は、インドの製薬会社からも供給されています。

インドは、その薬の必須成分を常に中国に依存しているわけではありませんでした。

輸入依存を減らすことは、インドの製薬サプライチェーンの混乱を減らすために重要です。

アミテンドゥ・パリット

NUS南アジア研究所上級研究員

PWCコンサルティンググループによると、1991年にインドはAPIのわずか1%を中国から輸入しました。

これは、1990年代に中国が排水処理プラント、補助金付きの電力、水などのインフラストラクチャを備えた7,000のドラッグパーク全体でAPI製造を強化したときに変わりました。 中国の生産コストは急激に下落し、インドの企業をAPI市場から追い出しました。

自給自足への長い道のり

シンガポール国立大学南アジア研究所の上級研究員によると、アミテンドゥ・パリット氏はCNBCに対し、現地生産がインドの製薬会社の需要を満たすのに十分な規模になるまでには「長い時間」になるだろうと語った。

「それまでは、インドは実質的に中国からAPIを輸入する必要があるだろう。輸入依存を減らすことは、インドの製薬サプライチェーンの混乱を減らすために重要である」とPalit氏は述べた。

ムンバイに本拠を置くサマセットインダスキャピタルパートナーズの創設者であり、ヘルスケアのプライベートエクイティファンドを運営しているマユールシルデサイ氏は、生産にリンクされたインセンティブスキームの焦点はより狭くなる可能性があると述べた。

「大量のAPIよりもニッチなAPIに焦点を当てることで、少量の方がうまくいくだろう」と彼は述べ、製造サイクルの他の多くの化学プロセスもインドに移してコストを削減する必要があると付け加えた。ロングラン。

非営利団体であるインド医療技術協会の会長兼事務局長であるPavanChoudary氏は、中国への依存を減らすという決定の背後には地政学的な配慮があったと述べた。

「ブラインドオフショアリングは今や「友好的」になりつつある」とChoudary氏は述べ、「友好的」とは、同様の政治体制を持ち、「平和の歴史」がある国への事業運営のアウトソーシングを意味すると説明した。

彼はまた、インドは、中国からサプライチェーンを多様化しようとする多くの国による最近の試みを反映していた。

Choudary —製薬業界の政策形成に影響力のある声—は、APIとは別に、インドは磁気共鳴画像法やその他の種類の高度なスキャンを実行するための画像技術や機械で中国から15億ドルの医療機器を輸入していると推定しています。

彼は、医療機器の中国への依存を減らすことは、APIよりも時間がかかるだろうと述べました。

「APIはすでにインドに存在する化学的エコシステムに依存しています」と彼は言い、医療機器にはもっと「技術的な複雑さ」があったと付け加えました。

「この依存関係を断ち切るにはもう少し時間がかかるだろう」と彼は言った。

Leave a Comment

Your email address will not be published.