ウォールストリートウィークアヘッド:FRBの「過去のピークホーキッシュネス」の希望に支えられた株価ラリー

ニューヨーク、5月27日(ロイター)-米国の成長ファンの減速の兆候が連邦準備制度理事会が以前に予想されたほど政策を強化する必要がないかもしれないことを望んでいるので、悪いニュースはウォール街で再び良いニュースかもしれません。

住宅販売は3か月連続で減少しましたが、先週、Target Corp(TGT.N)やWalmart Inc(WMT.N)などの大手小売業者からの大きなミスが株価を揺るがしました。 アトランタ連邦の第2四半期の実質GDP成長率のGDPNow推定値は、前週の2.4%から5月25日には1.8%に低下しました。 続きを読む

経済成長の鈍化は企業収益の低下のリスクを高め、理論的には株価の軟化への道を開きます。 ウォール街のいくつかの銀行は、ここ数週間、スタグフレーションとして知られる低成長、高インフレ環境の可能性が高まるとともに、米国の景気後退の可能性が高まっていると警告しています。 続きを読む

今すぐ登録して、Reuters.comに無制限に無料でアクセスできます

しかし、短期的には、一部の投資家は、FRBが積極的な金融政策の傾斜を後退させ、投資家を不安にさせ、S&P 500(.SPX)指数を最前線に押し上げるのに役立ったというケースを後押しする可能性があると考えています。多くの人がクマ市場と呼ぶ20%の下落。

インデックスは今週6.6%上昇し、7週間連続で負けましたが、これまでの1年間で約13%下がっています。 BofA Global Researchのデータによると、米国株への週次純流入は10週間で最高レベルに達しました。 続きを読む

「FRBの全員が次の2回のハイキング会議のために50ベーシスポイント(金利の引き上げ)に参加していることは非常に明白です。しかしその後、彼らが何をしているのかは不明であり、成長が急激に鈍化した場合、彼らは少し待つことができるかもしれない」と語った。

インフレがピークに達した可能性のある時期に金利が上昇することへの懸念は、中央銀行が9月に引き締めを一時停止し、財政状態が悪化した場合にベンチマークの翌日物金利を1.75%から2%の範囲に残すことを意味する可能性が高いとBofAストラテジストメモで言った。

CMEによると、投資家は9月の会合後のフェデラルファンド金利が2.25%から2.50%になる可能性が35%になり、1週間前の50%の確率から下がったことで、FRBのタカ派への期待は緩和されました。

FRBは今年すでに75ベーシスポイント引き上げています。 中央銀行の最新の会合からの議事録は、景気後退を引き起こしたり失業率を大幅に押し上げたりすることなく、経済をより低いインフレに向けてナビゲートする最善の方法に取り組んでいる当局者を示しました。 続きを読む

Nuveenのグローバル債券の最高投資責任者であるアンダース・パーソン氏は、成長が鈍化する兆候が財務省の価格を押し上げるのに役立っており、投資家が高インフレ時にリスクにさらされる可能性のある資産としてではなく、安全のために債券をますます求めていることを示唆している。

価格に反比例するベンチマーク10年国債の利回りは、今月3.14%に急上昇した後、木曜日に2.706%の6週間の安値を記録しました。

パーソン氏は、「市場は低迷しているが、景気後退ではない」と述べ、ハイイールド債などの債券市場のリスクの高い部分をより魅力的にしている。

金曜日の米国のデータも、値上げが鈍化している可能性があることを示しています。 個人消費支出(PCE)の価格指数は、3月に0.9%上昇した後、2020年11月以来最小の上昇である0.2%上昇しました。 続きを読む

潜在的にタカ派の少ない連邦政府は、長期的には必ずしも株式購入者にとってグリーンライトではありません。 インフレ率が過去数十年で最高に達したため、1970年代の供給ショックの際にすべての資産クラスに大きな影響を与えた現象である、差し迫ったスタグフレーションに対する懸念が高まっています。 続きを読む

警告を発しているのは、金融市場に関する連邦政府の投資家諮問委員会のメンバーであるヘッジファンドマネージャーのビル・アックマンで、今週ツイッターで中央銀行に金利をより積極的に引き上げることでインフレを鎮圧するよう促した。

一方、シティのグローバル資産配分チームは今週、米国の株式配分を「中立」に削減し、「米国の景気後退はシティ経済の基本ケースではないが、不確実性は非常に高い」と述べた。

ただし、一部の投資家は、ターニングポイントが近い可能性があると考えています。

FlowBankの最高投資責任者であるEstyDwekは、政策立案者がワイオミング州ジャクソンホールで年次総会を開く8月までに、中央銀行がインフレと成長が鈍化する兆候を見始めると確信しています。

「FRBはピークのタカ派を過ぎている」と彼女は言った。

今すぐ登録して、Reuters.comに無制限に無料でアクセスできます

ニューヨークのDavidRandallによる報告ニューヨークのLewisKrauskopfによる追加の報告IraIosebashvili、Nick Zieminski、MatthewLewisによる編集

私たちの基準:トムソン・ロイターの信頼原則。

Leave a Comment

Your email address will not be published.