中国は植民地化するために「他の地球」を探しています

中国は、いつの日か天の川全体に人類の「生活空間」を拡大する可能性のある近くの居住可能な惑星を星で探す最初の計画を発表しました。

Closeby Habitable Exoplanet Survey(CHES)と呼ばれるこのプロジェクトでは、当局は、重力的に安定したラグランジュ点まで、開口部3.9フィート(1.2メートル)の宇宙望遠鏡を約93万マイル(150万キロメートル)発射することを提案しています。 地球 そしてその 太陽、中国の国営通信社CGTNによると。 ラグランジュ点は、地球とまったく同じ速度で太陽の周りをトレッキングします。つまり、これらの点の1つにあるクラフトは、惑星から無期限に同じ距離を保ちます。

Leave a Comment

Your email address will not be published.