人々は香港を去り、ここに彼らが行くところです

彼らは2019年の政治的抗議の間にそれを突き出しました。

その後、2年近くのパンデミックが続きました。

しかし、今年、彼らは十分に持っていると言います。

香港の住民は2022年に大勢で街を離れようとしています。彼らが望んでいるからではなく、Covidの制限と民主主義の規範の侵食として見られるものが、彼らを去らせているからです。

出発の急増は、プロの才能の「頭脳流出」を加速させています。これは、オミクロン主導のCovid症例が街中で急増したため、3月頃に熱狂的な状況になりました。

現在、香港のこれまでにないチッパーライフスタイルのウェブサイトは、かつては市内で最高の点心とフットマッサージパーラーに関する記事で占められていましたが、やることリストと別れのギフトガイドの移動に焦点を当てています。

「絶対大量流出」

香港のキャリー・ラム最高行政長官の事務所はコメントの要請にすぐには応じなかったが、ラムは4月26日、政府のCovid規則は健康と経済的利益と公的許容レベルのバランスをとっていると述べた。

香港は引き続き「人権と自由」を保護しているが、「自由を行使するには法律を遵守しなければならない」と彼女は述べた。

香港を離れる人々について、ラム氏は「出入りする個人の自由」だと述べた。

香港の国勢調査統計局によると、過去60年間、香港の人口はほぼ毎年増加しており、1961年の約320万人から2019年には750万人に増加しています。

2015年から2019年にかけて、市は年間平均53,000人の新規居住者を獲得しました。 それでも、市の入国管理局によると、3月の最初の2週間だけで香港を出発した人の数はほぼ同じです。

香港の長年の居住者であるペイ氏は、政府の政策により、Covid-19の検査で陽性となった子供から両親が分離されているというニュースを受けて、母親と子供が香港を離れたと述べた。 多くの父親が仕事を続けていたと彼女は言ったが、多くの父親は現在、雇用主に転勤を辞めるように求めている。

ポール・ヨン| ブルームバーグ| ゲッティイメージズ

香港は2020年に約93,000人の居住者を失い、2021年にはさらに23,000人を失いました。しかし、初期の見積もりによると、今年ははるかに多くの人々が行くでしょう。

「ここ数年、人々は去ることを考えてきましたが、過去6か月間、絶対的な大量流出がありました」と、香港に17年間住んでいるPeiC.は言いました。 彼女は、香港でのトピックを取り巻く敏感さのために、最後のイニシャルと同一視されるように求めました。

彼女によると、そのきっかけは、この話についてCNBCに話しかけた多くの人々に反響したものであり、今年初めにCovid陽性の子供たちを両親から引き離した広く公表された政策でした。

「多くの親は、当然のことながら、びっくりしたので、彼らは最初のフライトで自分自身を予約しました」と彼女は言いました。

ペイは、彼女の友人の60〜70%が過去6〜12か月で去ったと推定しています。これには、香港に企業や家族がいる人々や、かつて滞在に熱心に取り組んでいた人々が含まれます。

シンガポールへの移動

ペイ氏によると、去るほとんどの人は同じ場所、シンガポールに向かっているという。

「誰もがシンガポールに行くだろう」とペイは言った、特に金融、法律、そして採用で働いている人々は言った。

香港を拠点とする移転会社SilkReloのCEOであるKayKuttは、人々はビジネスのしやすさ、家族への優しさ、税制上の優遇措置、シンガポールの国境開放に魅力を感じていると述べました。

その40年の存在の中で、過去3年間は、SilkReloの姉妹引越会社であるAsianTigersにとって記録上最も忙しい年でしたと彼女は言いました。

「私たちはその能力についていくことができない」と彼女は言った。 「市場で起こっていることにサービスを提供するのに十分な人員がいません。」

家族はシンガポールに移住していると彼女は言ったが、中小企業も動いている。 ある会社の幹部が過去に去っていたかもしれないが、今は「彼らはすべて行く」と彼女は言った。 中小企業は「チーム全体を取り込んでシンガポールに入れている」。

大企業もシンガポールに移転していると、採用会社のケリー・コンサルティングの常務取締役であるシンシア・アン氏は語った。 彼女は例として、ロレアル、モエヘネシー、VFコーポレーション(ティンバーランドやノースフェイスなどのブランドを所有している後者)を挙げましたが、まだ決定を公表していない人がもっといることを指摘しました。

「アジアパシフィックオフィス全体をシンガポールに移転することを私たちと共有しているクライアントから、より多くの電話があります」と彼女は言いました。

他の企業は香港にとどまっているが、オフィスを縮小し、地域本部をシンガポールに移転しているとアン氏は語った。

オーストラリアのKrystleEdwardsは、彼女は香港に12年間住んでいて、滞在したいと言っていますが、彼女と彼女の夫は9月までに去るかどうかを決める予定です。

「2023年の状況が香港でも同じになると思われる場合、ホテルの検疫制限など、あらゆる種類のものがシンガポールに移ります」と彼女は語った。

「それはあまりにも多くなるところまで来ています。」

一時的に恒久的になるとき

エドワーズ氏によると、長期休暇を取ることで香港の厳しいコビッド制限を乗り越えている人もいるという。

「私が知っている多くの家族は、3、4ヶ月ほど離れていました」とエドワーズは言いました。 「ヒープはタイにあります—彼らはちょうど荷造りしてプーケットまたは [Koh] サムイ。 …彼らは皆別荘を持っていて、子供たちをそこに学校に通わせた人もいました。彼らは8月か9月に香港に戻ると言っていました。」

今年は多くの駐在員が数ヶ月間帰国しました。 今、ペイは、これらの人々の多くが戻ってこないことに気づいていると言いました。

クット氏は、クライアントがいない状態で発生した移動の数からも明らかなように、これは「絶対に」発生していると述べました。 Covidの前は、「荷送人がいない」ことはまれでしたが、リクエストの数が多かったため、Silk Reloは、移動に立ち会えないクライアントに代わってオンサイトのチームメンバーが行動するサービスを作成しました。

永遠に去る

封鎖と検疫の方針は、学校の閉鎖のメリーゴーランドと相まって、多くの駐在員が帰国しました—米国、英国、オーストラリアおよび他の国に—永久に、Kuttは言いました。

しかし、深く根付いた地元の人々も去っていく、と彼女は言った。

香港生まれのカム・ルン・ヨン氏は、彼の家族はシドニーに引っ越し、そこで子供として暮らしていたと語った。

「私たちは考慮します [Hong Kong] 特に私たちが都市にどれだけ感情的に投資したかを考えると、家を出るのは難しいです」と彼は言いました。

リサ・テラウチは香港で育ちましたが、夫が2020年後半に運航を停止した香港を拠点とする航空会社であるキャセイドラゴン航空のキャプテンとしての職を失った後、45歳の誕生日を恥ずかしがり屋に残しました。彼女と彼女の家族は彼女の夫の出身地であるオランダ。

香港は「私が育った国ではなく、私が覚えていた国でもありませんでした」と彼女は言いました。

寺内さんには、去っていく友達がいて、彼女より長く住んでいる友達もいるそうです。 彼女の長男は香港で修士号を取得しているが、永住権を維持するためであっても、彼女と彼女の夫はおそらく戻ってこないだろうと彼女は言った。

「つまり、もうそれだけの価値があるのでしょうか?」 彼女は言いました。

他の人々はイギリスとカナダに引っ越しました、とKuttは言いました。 パンデミックの間、両国は適格な香港居住者に彼らの管轄内に居住する権利を与えるビザプログラムを開始しました。

カナダの移民ウェブサイトCICNewsによると、香港からカナダへの移民は「活況を呈している」とのことです。 さらに多くが英国に移転しており、3月の時点で10万人以上が移転を申請しています。

「特に3月だったと思いますが、電話の数に気づきました。 [from] …長年の香港の古い家族…彼らは高い純資産を持っており、複数の家を持っているかもしれません、彼らは荷造りして行くことを選んでいます」とKuttは言いました。

「それらは私が心を揺さぶったと私が言うものでした」と30年以上香港に住んでいるKuttは言いました。

他にどこ?

シルクリロとアジアタイガースも、香港から日本、韓国、タイへの移動で「上昇」を見せていると、クット氏は語った。

「東京を選ぶ企業が見られる」と彼女は述べ、東京は歴史的に日本市場へのアクセスのみを目指す企業にとっての場所であったことを考えると驚くべきことだと述べた。

ケリーコンサルティングのアン氏によると、ドバイも香港から才能を吸収しているという。 彼女は、それはすでにそこに存在しているアメリカとヨーロッパの雇用者に特に当てはまると言いました。

ペプシ、ユニリーバ、P&Gは人々を香港からドバイに移したと彼女は言った。

「サウジアラビアはパイのスライスのために戦おうとしている」とアンは言った。 「サウジアラビアへの移住に興奮している人はまだ見たことがない…」しかし、アラブ首長国連邦を含む中東の場所は、「ドバイが過去数年間に行ったことを反映しようとしている」。

Leave a Comment

Your email address will not be published.