地球の核で発見された新しいタイプの電磁波

科学者たちは、サージするまったく新しいタイプの電磁波を検出しました 地球の外核は7年ごとに発生し、その過程で私たちの惑星の磁場の強さを歪めます。

波—地球の回転軸に沿って移動するため、「マグニートー-コリオリ」波と呼ばれます。 コリオリ効果 —年間930マイル(1,500キロメートル)まで移動できる背の高い柱で東から西に忍び寄る、研究者たちはジャーナルの3月21日の論文に書いた 国立科学アカデミーの議事録。 チームは、欧州宇宙機関(ESA)の衛星群を使用して、地球の液体外核の最外層、つまりその層が岩石のマントルと出会う場所、つまり惑星の表面から約1,800マイル(2,900 km)下にある不思議な波を特定しました。

Leave a Comment

Your email address will not be published.