太平洋諸島の安全保障協定:中国は王毅のツアーに影響力を行使する

中国が南太平洋の潜在的なパートナーに送った提案案は、セキュリティ、ポリシング、サイバーセキュリティ、そして経済開発などの分野でのより大きな協力を求めています。

この問題を直接知っている人物によってCNNに提供され、ロイターによって最初に報告された提案案は、来週フィジーで開催される第2回中国太平洋島嶼国外相会議で議論される予定です。中国の王毅外相による日帰り地域外交ツアー。

中国の外務省によると、王のツアーは木曜日にソロモン諸島で始まり、大臣をキリバス、サモア、フィジー、トンガ、バヌアツ、パプアニューギニア、東ティモールに連れて行く予定です。

「共通開発ビジョン」と「5カ年行動計画」の草案に概説された提案草案は、先月中国とソロモン諸島の間で署名された二国間安全保障協定を反映しており、この地域における北京の影響力を大きく前進させる可能性があります。しかし、それが地域の受け入れを勝ち取ることができるかどうかは不明なままです。

すでに合意の対象となった少なくとも1つの国が懸念を表明しており、中国の意図に警戒している他の地域大国からの幅広い反発がありました。

ミクロネシア連邦のデビッド・パヌエロ大統領は、CNNが見た他の22人の太平洋の指導者への手紙の中で、提案案は、中国と外交関係にある太平洋諸国を「北京の軌道に非常に近い」ものにすることを意図していると述べた。

パヌエロは、太平洋諸国の主権に影響を与えることに加えて、そのような協定に署名することは、中国と西側の間の緊張の中で新しい「冷戦」をもたらす可能性があると主張した。

提案案はオーストラリアでも抗議の声を上げ、前任者がソロモン諸島との中国の取引を回避できなかったことを批判していたアンソニー・アルバニージ新首相は、木曜日に彼の国は「ボールを落とす余裕がない」と述べた。その応答。

「これは、オーストラリアが第二次世界大戦以来選択された安全保障パートナーである世界のその地域でその影響力を増やそうとしている中国である」と彼は言い、キャンベラはより多くの支援を提供する必要があるだろうと付け加えた。

先月、ソロモン諸島のマナセ・ソガバレ首相は、ホニアラの北京との協定がオーストラリアとの既存の安全保障協定を「補完」し、「私たちの地域の平和と調和に悪影響を与えたり、弱体化させたりしない」と保証した。 ソロモンはオーストラリアの北東海岸から約1,000マイル(1,600キロメートル)のところにあります。

それにもかかわらず、この地域での中国の拡大に対するアルバニージ政府の懸念の印として、オーストラリアのペニー・ウォン外相は木曜日にフィジーを訪れ、そこで-中国を直接指名しなかった演説で-彼女はオーストラリアを「パートナー」として売り込んだ紐が付いたり、持続不可能な経済的負担を課したりすることはありません。」

「私たちは太平洋の優先事項や太平洋の機関を侵食しないパートナーです。私たちは透明性を信じています。真のパートナーシップを信じています」とウォン氏は語った。

ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は水曜日、「私たちが太平洋内に存在するあらゆる安全保障上の課題に対応する手段と能力を持っているという見解を非常に強く持っている」と述べた。

北京は、この地域で多国間協定を求めていることを確認していません。

王氏の訪問は、「中国と太平洋島嶼国の未来を共有するより緊密なコミュニティを構築するために、高レベルの交流をさらに強化し、政治的相互信頼を強化し、実践的な協力を拡大し、人と人との絆を深める」ことを目的とした。中国外務省のスポークスマンは水曜日に言った。

スポークスマンはまた、太平洋諸島の安全保障協定が冷戦を引き起こす可能性があるという懸念について尋ねられたとき、これを「センセーショナルな発言」と呼んで押し返した。

水曜日のワシントンで、米国務省のスポークスマン、ネッド・プライスは、米国は「中国が外相のこの地域への訪問中にさまざまな取り決めを交渉しようとしていることを認識している」と述べた。

同氏は、「これらの報告された合意は、急いで不透明なプロセスで交渉される可能性があることを懸念している」と述べ、米国が国の能力を尊重しながら、「陰気で漠然とした取引」を提供する北京のパターンとして述べたものを指摘した。彼ら自身の主権の決定をするために。

提案された安全保障協定案と王のツアーは、インド太平洋における北京の野心に対する他の地域大国からの懸念が高まる中です。

中国は、広大な南シナ海のほぼすべてをその主権領土と主張しています。 そこに施設を建設して軍事化し、島々を軍事基地や滑走路に変え、数百隻の船舶を数える可能性のある海上民兵を作成したとされています。

そして東シナ海では、中国は、釣魚島としても知られる、日本が支配する尖閣諸島の主権を主張しています。 近年、米国は外国の侵略の場合に島を守るという約束を繰り返しています。

月曜日の共同声明で、米国のジョー・バイデン大統領と日本の岸田文雄首相は、ソロモン諸島との中国の安全保障協定と「地域の懸念の声に対処する」ことの欠如について「懸念を表明した」。

Leave a Comment

Your email address will not be published.