日本赤軍の創設者重信が刑務所から解放された| イスラエル-パレスチナ紛争ニュース

かつて恐れられていた武装集団日本赤軍を共同設立した重信房子は、20年の刑に服した後、土曜日に刑務所から釈放され、罪のない人々を傷つけたことを謝罪した。

「ようやく生き返ったことを強く感じています」と彼女は娘と日本の首都東京の記者や支持者の群衆に歓迎されて言った。

76歳の重信は、1970年代から80年代にかけて、左翼グループがパレスチナの大義を支持して世界中で武力攻撃を行ったとき、世界で最も悪名高い女性の1人でした。

重信は、「ふさこが大好き」というバナーを掲げたサポーターが何人かいたため、娘と一緒に黒い車で東京の刑務所を出た。

パレスチナ青年運動は、重信の釈放を歓迎し、彼女を「パレスチナ人の生涯にわたる同志と闘争」と表現した。

「逮捕により多くの人にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます」と重信氏は記者団に語った。 「半世紀前のことですが…しかし、人質取りなど、私たちの戦いを優先することで、私たちにとって見知らぬ無実の人々に被害を与えました。」

重信は1971年にレバノンを訪れ、日本赤軍を設立しました。日本赤軍はパレスチナの戦闘機と連携して、イスラエルの執拗な敵になりました。

このグループは、主に1970年代に、飛行機のハイジャックから人質取りまで、その致命的で壮観な行為のために、世界で最も恐れられている武装グループの1つになりました。

元醤油会社の労働者が戦闘機に転向した重信は、2000年に日本で逮捕され、禁錮20年の刑を言い渡された。 [Charly Triballeau/AFP]

重信は、1972年のテルアビブのロード空港への機関銃と手榴弾の攻撃を首謀したと考えられており、26人が死亡、80人が負傷した。

イスラエルの空港攻撃で負傷して逮捕された岡本公三は、1985年にイスラエル軍とパレスチナ軍の捕虜交換で釈放された。 彼はレバノンにいると伝えられています。 岡本とグループの他の何人かのメンバーはまだ日本の当局によって求められています。

日本赤軍は、1975年にマレーシアのクアラルンプールにある米国領事館の買収にも責任を負いました。

1988年にイタリアのナポリにある米軍施設を爆撃した後、グループはそれ以上の大規模な攻撃を行わず、日本では視界から消えました。

調整された操作

元醤油会社の労働者が戦闘機に転向した重信は、2000年に日本で逮捕され、6年後、オランダのフランス大使館の包囲戦で禁錮20年の刑を言い渡されました。

彼女は日本で再浮上する前に30年間中東で逃亡者として住んでいました。

1973年にパレスチナ解放人民戦線(PFLP)の父親に生まれた重信の娘メイは、ソーシャルメディアで母親の釈放を歓迎した。

重信は包囲戦で無実を維持し、3人の赤軍の襲撃者がフランス大使館を襲撃し、大使と他の10人のスタッフを100時間人質にした。

2人の警官が射殺され、重傷を負った。 フランスは、シリアへの飛行機で人質取りと一緒に飛び立った投獄された赤軍のメンバーを解放することによって、スタンドオフを終わらせました。

重信は個人的に攻撃に参加しなかったが、裁判所は彼女がPFLPとの作戦を調整したと述べた。

「醜い終わり」

戦後の東京で貧困に生まれた重信は、第二次世界大戦の少佐の娘であり、日本の敗北後に食料雑貨店になりました。

彼女の中東地政学へのオデッセイは、彼女が20歳のときに東京大学で座り込み抗議を通過したときに偶然に始まりました。

日本は1960年代から70年代にかけて、ベトナム戦争と米軍の駐留を維持するという政府の計画に抗議するために、キャンパスの混乱の真っ只中にありました。

重信はすぐに左翼運動に巻き込まれ、25歳で日本を離れることにした。

彼女は2001年4月に赤軍が刑務所から解散したことを発表し、2008年に結腸癌と腸癌と診断され、いくつかの手術を受けました。

重信氏は土曜日、まず自分の治療に集中し、体調が悪いため「社会に貢献する」ことはできないと説明した。

しかし、彼女は記者団に次のように語った。 [on my past] 好奇心を持ってますます生きていきます。」

2017年にジャパンタイムズの記者に宛てた手紙の中で、彼女は武装グループがその目的に失敗したことを認めた。

「私たちの希望は実現せず、醜い終わりを迎えました」と彼女は書いています。

Leave a Comment

Your email address will not be published.