株式先物が上昇し、S&P500は7週間の連敗を記録するように見えます

米国の株式先物は金曜日の朝に上昇し、一連のより明るい企業業績が少なくとも一時的に急な景気後退の恐れを相殺した後、1週間にわたる一連の損失を終わらせるために主要指数を軌道に乗せました。

S&P500の契約が獲得されました。 優良株指数は、木曜日の終値の時点で週4%の上昇に向かっており、維持されれば、3月中旬以来最大となるでしょう。 S&P 500は、2000年以来最長の連敗で7週間連続で下落しました。ダウとナスダックの先物も、それぞれ金曜日に上昇しました。

投資家は金曜日の朝、連邦準備制度理事会が推奨するインフレの指標であるコア個人消費支出(PCE)に関する最新の印刷物を含む、一連の新しい経済データを消化しました。 これらは、インフレ圧力が3月と比較して4月にわずかに緩和されたことを示しており、今月初めに発表された依然として上昇している消費者物価指数と生産者物価指数の結果を反映しています。 ヘッドラインPCEは、3月の6.6%の増加と比較して4月に6.3%増加し、コアPCEは前月の5.2%と比較して4.9%増加しました。 別のデータはまた、インフレ調整後の個人消費が3月と比較して4月に加速したことを示しています。

過去数回のセッションで、投資家は、メイシーズ(M)、ノードストローム(JWN)、ダラーゼネラル(DG)、ダラーゼネラル(DLTR)などの小売業者からの四半期決算とガイダンスの最新のバッチを好意的に評価してきました。 これらの企業はウォールストリートの見積もりを大幅に上回り、ウォルマート(WMT)、ターゲット(TGT)、コールズ(KSS)によって最近報告された利益圧力がすべての消費者向け企業に等しく反響しているという懸念を和らげるのに役立ちました。 また、小売以外では、ジェットブルー(JBLU)やサウスウエスト(LUV)などの航空会社が今四半期の販売ガイダンスを引き上げ、裁量旅行に対する需要が引き続き強いことを示唆しています。

「全体として、米国の消費者は依然として良好な状態を保っています。 彼らは、バランスシートにクッションを付けて、これらの値上げ、このインフレに陥りました。 確かに雇用は多いので、米国の消費者全体は非常に強い立場にとどまっている」と語った。

「大きな懸念は、インフレが暴走し続け、FRBが米国経済を不況に引き締めなければならないことになるだろうということでした」と彼は付け加えました。 「私たちは皆、財の支出が前倒しされたという現実に徐々に目覚め始めていると思います。在庫が再構築され、財の支出があなたが見ているインフレを引き起こしました。それは人々として転覆するでしょうサービス部門の支出に移行する。」

「したがって、経済の一部では景気後退のように感じるかもしれないが、経済の他の部分はうまくいくだろう」とシュッテ氏は述べた。 「インフレは低下し、FRBは少し楽になるだろう」と語った。

しかし、他のストラテジストは、特にインフレがこれまでのところ実質的な方法で下落する意味のある兆候をほとんど示していないため、今週これまでのところ市場で見られる利益の持続力に疑問を投げかけています。

「これは私たちの意見ではクマの跳ね返りにすぎません。私たちが受けたこれらの跳ね返りを見ると、非常に少量であり、多くの信念はありません」と共同創設者兼マネージングパートナーのエディー・ガブールは述べています。 Key Advisors Groupのメンバーは、YahooFinanceLiveに語った。 「この売り切りの原因となっている現在取得しているデータは、第1四半期のデータです。第2四半期のデータは、第1四半期よりも悪化します。そのニュースは7月までです…ですから、今後数か月で非常に危険な市場になると思います。」

午前8時42分ET:4月に実質個人消費が加速する一方で、貯蓄率は2008年以来最低に低下

米国の経済活動への主要な貢献者の1人が春に持ちこたえたため、インフレが上昇したままであったとしても、米国の消費者は先月支出を続けました。 しかし、個人貯蓄率は10年以上で最低水準にまで低下し、どれだけ長い支出が経済を下支えすることができるかについていくつかの懸念が生じました。

経済局によると、4月の実質個人支出は前月比0.7%増で、3月の0.2%増から加速した。 ブルームバーグのデータによると、インフレ調整なしで、個人消費は0.9%増加し、コンセンサスエコノミストの予想である0.8%を上回りました。 この指標は3月に1.1%上昇しました。

しかし、個人所得は先月わずかに減速し、3月の0.5%の増加から0.4%増加した。 また、個人貯蓄率、つまり貯蓄に占める可処分所得の割合は、3月の5.0%から4.4%に低下し、2008年以来の最低水準に達した。貯蓄率が平均7%を超えていた発生前の2019年の。

午前8時38分ET:PCEが前年比6.3%上昇したため、4月のインフレはわずかに緩和しました。

米国商務省経済分析局の個人消費支出(PCE)指数で測定されたインフレ率は、3月と比較して4月にわずかに緩和され、価格の高騰は米国経済全体で減速の兆候をほとんど示していません。

ブルームバーグのデータによると、PCEの最も広い測定値は4月に前月比0.2%上昇し、コンセンサスエコノミストの期待と一致しました。 これは、3月の月間0.9%の増加と比較して。 ただし、前年比では、PCEは依然として6.3%上昇し、予想よりもわずかに高温になり、3月の年率6.6%の上昇からわずかに緩和されました。

不安定な食料とエネルギーの価格を除いたコアPCEも引き続き高水準で、昨年4月には4.9%上昇しました。 これは見積もりと一致し、3月には5.2%の上昇に続きました。 2月の5.3%の測定値は1983年以来最高でした。

午前7時23分ET:インデックスが毎週の上昇を記録するように見えるため、株式先物は上昇します

金曜日の朝に市場が取引されていた場所は次のとおりです。

  • S&P 500フューチャーズ(ES = F)。:+11ポイント(+ 0.27%)から4,066.75

  • ダウフューチャーズ(YM = F)。:+26ポイント(+ 0.08%)から32,626.00

  • ナスダック先物(NQ = F): +54.25ポイント(+ 0.44%)から12,333.50

  • 原油(CL = F)。:-$ 0.46(-0.40%)から$ 113.63

  • 金 (GC = F)。:オンスあたり+ $ 8.80(+ 0.47%)から$ 1,862.70

  • 10年財務省(^ TNX)。:-3.3 bpsで2.725%

ニューヨーク、ニューヨーク-5月23日:トレーダーは、2022年5月23日にニューヨーク市のニューヨーク証券取引所(NYSE)のフロアで働きます。 1週間の急落の後、月曜日の朝の取引で市場は上昇しました。 (スペンサープラット/ゲッティイメージズによる写真)

エミリーマコーミックはYahooファイナンスのレポーターです。 Twitterで彼女をフォローする

YahooFinanceからの最新の金融およびビジネスニュースを読む

YahooFinanceをフォローする ツイッターインスタグラムYouTubeフェイスブックFlipboard、 と LinkedIn

Leave a Comment

Your email address will not be published.