研究者は、データ転送の驚異的な新速度記録を樹立しました

のような高速無線技術が Wifi 6E そして5Gがニュースの見出しを支配し、アナログケーブルと光ケーブルは依然としてインターネットのバックボーンであり、それには正当な理由があります。 日本の研究者はちょうど設定しました 新しい光ファイバーデータ伝送記録 のテクニックで 既存のケーブルインフラストラクチャと互換性があります、つまり、実験室の設定だけでなく、実際の実装が完全に可能であることを意味します。

からの研究者 情報通信研究機構 (NICT)は、51.7 kmの距離にわたって、毎秒1.02ペタビットの速度でカスタムマルチコア光ファイバーケーブルを介してデータを正常に送信しました。 これは、毎秒127,500 GBのデータを送信することに相当します。これは、研究者によると、「毎秒1,000万チャンネルの8K放送」にも十分な容量です。 として 新しいアトラスは指摘します、 また、ホームユーザーにインターネットを提供する、約束された次世代の高速ギガビット接続よりも100,000倍高速です。

2020年12月、NICTは実際に データの1秒あたり1ペタビットの送信に最初に成功しました 標準直径の光ファイバーケーブルを介して、わずか1年半後に毎秒1.02ペタビットへの速度の向上は確かに印象的な成果ですが、今回を非常にエキサイティングなものにしているのは、記録を破るために使用された技術です。

2020年、NICTの研究者は、データを単一コアの光ファイバーケーブルで送信しましたが、送信中に複数の信号を混合するマルチモード技術を使用しました。 合計15の「モード」が一緒にファイバーに送信され、速度の達成は印象的でしたが、マルチモード技術では、信号のスクランブルを解除して使用可能なデータを抽出するための特別なハードウェアが必要であり、全体に新しい集積回路を開発して展開する必要があります。ネットワークと高価なアップグレードにより、帯域幅が大幅に増加したにもかかわらず、インターネットサービスプロバイダーへの販売が困難になっています。

今回、研究者たちは混合信号のマルチモードアプローチを廃止し、代わりに送信を4つの「モード」に減らし、それぞれが標準直径のカスタム光ファイバーケーブル内の4つのコアの1つに送信しました。 それぞれが異なるフレーバーのソーダを運ぶ4本の細いストローが中に詰められたプラスチックストローを想像してみてください。研究者が作成したものを大幅に簡略化したものです。 しかし、マルチコアケーブルは、この記録的なデータ転送を可能にした唯一の革新ではなく、NICTの研究者が説明するように、いくつかの非常に技術的な光増幅システムと信号変調アプローチにも依存していました。

この実験では、ラマン増幅帯域幅を完全なSバンドに広げ、Sバンドおよび拡張Lバンドエルビウムドープファイバ増幅器(EDFA)用にカスタマイズされたツリウムドープファイバ増幅器(TDFA)を使用することにより、合計801x25GHzの間隔の波長チャネルを備えた記録的な20THzの光スペクトルで、それぞれが二重偏光-256 QAM変調を備えており、すべての波長帯域で高いスペクトル密度を実現します。

最も重要な部分は、この2番目のブレークスルーが、全国ですでに導入されている従来のトランシーバーハードウェアと完全に互換性のあるハードウェアと技術に依存していることです。 新しい光ファイバーケーブルを設置する必要がありますが、研究者はマルチコアケーブルのサイズを標準寸法に制限したため、 既存のインフラストラクチャと完全に互換性があり、アップグレードコストを大幅に削減します。 5Gが普及し、6Gが間近に迫る中、データに対する国の需要は飛躍的に増加し続けますが、このような革新により、インターネットプロバイダーは少なくとも数年間はかなりの有利なスタートを切ることができます。 。

Leave a Comment

Your email address will not be published.