自宅で仕事をするアメリカ人はより生産的になっています

過去数年間、自宅で仕事をするのに十分幸運だった少数のアメリカ人にとって、乗り物は終わりに近づいているように見えるかもしれません。 大小の雇用主は、従業員が自宅で仕事をするのが本当に上手になったように、従業員にオフィスに戻るように求めています。

スタンフォード大学のニコラス・ブルーム教授のデータによると、リモートで働く人々は、パンデミックの初期よりも生産性が高いと報告しています。 ブルームは、クールになる前からリモートワークを研究しており、2020年5月からシカゴ大学、ITAM、MITの他の学者と協力して、従業員のワークアレンジメントとリモートワークに対する態度について大規模な継続的な調査を実施しています。 4月、少なくとも一部の時間はリモートで作業した人は、オフィスで作業するよりも自宅で作業する方が約9%効率的であると報告しました。 これは2020年の夏の5%から増加しています。

なんで? ブルームは、私たちがそれで良くなったと言います。

「2020年3月に自宅で仕事をするようになったとき、私たちは完全に準備ができていませんでした」とブルームはRecodeに語りました。 「管理システム、業績評価システム、会議の構造、ワークフロー、設備はありませんでした。」

ブルーム氏によると、今ではセットアップがはるかに改善されており、テクノロジーによって簡単になるため、生産性は向上し続けるはずです。

さらに、そしておそらくもっと重要なことに、パンデミックの最悪の部分が薄れるにつれて、仕事以外のサポートシステム(デイケア、友人、家族、家にいる以外に文字通り何でもできる能力)も大幅に戻ってきました。

「パンデミックとその高騰した余波の間にあなたが何をしていたとしても、それは家からは機能していませんでした」とアン・ヘレン・ピーターセンとチャーリー・ウォーツェルは彼らの本の冒頭で述べています 不在:在宅勤務の大きな問題と大きな約束。 「あなたは監禁され、強要されて働いていました。」

もちろん、この生産性に関するデータは自己申告であり、ほとんどの人が自宅で仕事を続けたいと報告しているので、一粒の塩でそれを取ります。 ただし、コールセンターの従業員の1分あたりの通話数の増加、コードへの変更の提出を行うエンジニア、労働時間あたりの生産量の増加に関する労働統計局のデータなど、客観的なデータがあります。自宅での生産的な作業。 しかし、人々が 感じられる より生産性が重要です。

Bloomのデータによると、現在、アメリカの就業日の約40%は自宅で行われています。 この図は、43%の占有率でオフィスビルを見ているオフィスキーカード会社Kastleからのデータを追跡しています。 ブルームは、パンデミック後も約25〜30%にとどまると予想しています。つまり、自宅で仕事をすることは決してなくなることはありません。 そのため、ホテル、映画館、レストランでは、トラフィックがパンデミック前のレベルにほとんど戻っていますが、オフィスは依然として問題を抱えています。

多くの雇用主は、自宅での生産性は良好であると認めていますが、労働者が自宅で協力して創造力を発揮する能力など、他の計り知れないものについては依然として心配しています。 ノースイースタン大学からの12月のレポートによると、業界全体のCスイートの幹部の半数以上が、リモートで作業しながら創造的かつ革新的であるという従業員の能力に懸念を抱いていました。 彼らはまた、継続的なリモートワークが彼らの企業文化と忠誠心にどのように影響するかについて心配しています。 興味深いことに、SlackのFuture Forumは、幹部が非幹部よりもオフィスで働きたいと言う可能性が高いが、フルタイムでそうする可能性は低いことを発見しました。 また、この調査では、サラリーマンの3分の1が週5日(2020年6月に調査を開始して以来最高)にオフィスに戻ったため、これらのワーカーも最悪の従業員経験を報告していることがわかりました。

しかし、この現在の厳しい労働市場では、多くの労働者がリモートワークで道を進んでおり、上司は正確に後押しする立場にありません。 リモートジョブへの関心は、オンサイト作業よりも一貫して高くなっています。 同社によれば、LinkedInの有料求人情報の約20%は3月にリモートでしたが、アプリケーションの大部分(52%)が表示されました。 また、知識労働者の約60%が、完全に遠隔地にいるために仕事を辞めると述べています。

確かに、雇用主は自宅で仕事をしたいという従業員の願望を認めているようです。 ブルームの調査によると、サラリーマンは、パンデミック後、雇用主が週平均2。3日でそうすることを計画していると述べています。 これは、2020年の夏の1。6日から増加しています。

Appleは、労働者を週に3日オフィスに入れると言っていたが、その後、労働者のプッシュバックと著名な機械学習エンジニアの後、その計画を延期して修正した。 辞任 会社の柔軟性の欠如について。 大手銀行のようなオフィスの強硬派でさえ、彼らの調子を変え、ますますリモートワークを提供しています。 在宅勤務に対する軽蔑について声を上げてきたJPモルガン・チェースのCEO、ジェイミー・ダイモン氏は、最近の株主の手紙の中で、会社の労働者の半分だけがフルタイムでオフィスにいると述べた。

ちなみに、週に数日オフィスに行く必要がある人からは、実際には起こっていないという話を聞いています。 テクノロジー企業、法律事務所、保険会社は、従業員に週に2、3日で来るように言っており、彼らは1、2日現れています。 もちろん、企業はオフィスの義務に従わなかったために労働者を解雇することができますが、それは起こっていないようです。

経済が悪化したとき、そして人々が現在ほど多くのレバレッジを持っていないときに何が起こるかはあまり明確ではありません。 その場合、雇用主は労働者をオフィスに強制的に戻すことができるかもしれません—あるいは、おそらく彼らは逆に行き、より多くのオフィススペースを取り除くでしょう。

現状では、不動産サービス会社CBREが最近調査した185のオフィス会社の52%が、今後3年間でオフィスの不動産を減らすつもりであると述べたのに対し、39%は拡大していると答えています(9%は’既存のフットプリントを維持しています)。 調査によると、ほとんどの企業(73%)は、人々が自宅とオフィスで仕事をするハイブリッドワークプランに従うことを計画していますが、19%はオフィスのみで、8%は完全にリモートです。 不確実性の中で、従来のオフィススペースよりもはるかに迅速に荷降ろしできるコワーキングスペースが繁栄しています。

今のところ、多くのサラリーマンは自宅で仕事をするのにかなり良い仕事をしています。

このストーリーは、Recodeニュースレターで最初に公開されました。 ここでサインアップ 次のものをお見逃しなく!

Leave a Comment

Your email address will not be published.