食料品の迅速な配達の新興企業Getir、Gorillasが仕事を削減

差し迫った不況への懸念により、急速な食料品配達会社は成長にブレーキをかけることを余儀なくされています。

今週、最大のインスタント食料品アプリの2つであるGetirとGorillasは、数百人の従業員を解雇する決定を発表しました。 別の会社、ザップは、英国チームで冗長性を提案していると述べた。

Getirは水曜日にスタッフに、世界の人員を14%削減する計画であると語った。 LinkedInによると、トルコの会社は世界中で6,000人以上を雇用しています。

同社は電子メールでの声明のなかで、「心を込めて、今日、私たちのチームと、グローバル組織の規模を縮小するという悲しくて難しい決断を共有した」と述べた。

「また、マーケティング投資、プロモーション、および拡張への支出を削減します。」

ゴリラは火曜日に、長期的に収益性を達成する必要性を理由に、約300人の従業員を手放すという「非常に難しい決断」を下していると述べた。

ベルリンを拠点とする同社は、米国、英国、ドイツなどのより収益性の高い市場に焦点を移しているため、他の「戦略的オプション」の中でもとりわけ、イタリア、スペイン、デンマーク、ベルギーからの撤退の可能性を評価しています。

ゴリラは声明のなかで、「これらは、ゴリラが顧客とそのブランドに焦点を絞った、より強力で収益性の高いビジネスになるために必要な動きだ」と述べた。

ふるいにかけられた報告によると、ゴリラは追加の資金調達に苦労しています。 CNBCから連絡があったとき、会社はすぐにコメントを得ることができませんでした。

GetirとGorillasは、これまでにそれぞれ18億ドルと13億ドルを調達しました。 Getirは3月に120億ドルの評価を獲得しましたが、Gorillasは最後に30億ドルの評価を獲得しました。 両社は、米国で拡大するためにかなりの金額の現金を使い果たしました

ロンドンを拠点とする食料品店のスタートアップZappは水曜日に、最大10%のスタッフの一時解雇を検討しているとの報告を確認しました。 同社の英国従業員との協議が進行中であるため、最終決定はまだ行われていません。

同社の広報担当者は、「現在のマクロ経済情勢は、物事がいつ改善するかについての見通しがほとんどなく、非常に困難になっている。この不確実性により、投資家はリスク欲求を大幅に減らし、成長よりも収益性を優先している」と述べた。

「将来的に再び資金調達が必要となるベンチャー支援のスケールアップとして、コストを削減し、収益性への道を加速するために事業計画を調整する必要があります。」

Zappは1月の資金調達ラウンドで2億ドルを調達しました。 投資はF1ドライバーのルイスハミルトンによって支えられました。

GetirやGorillasのような企業は、コロナウイルスの大流行中に地震の成長を経験しました。 「ダークストア」と呼ばれる小さな倉庫で運営されているこのようなサービスは、わずか10分で買い物客のドアに商品を届けることを約束します。

業界での最近のレイオフの急増は、世界の株式市場の急落を背景に、最近、コストを削減するための措置を講じているハイテク企業への投資家の感情の幅広い変化を浮き彫りにしています。 今週初め、今すぐ購入し、後で支払う会社Klarnaは、同社が評価額を3分の1に減らす新しい資金調達ラウンドを模索しているとの報告を受けて、スタッフの約10%を解雇すると述べた。

インスタント食料品配達サービスは、新しいユーザーを引き付けるために寛大な割引を提供することに依存しながら、スーパーマーケットにプレミアムで必需品を販売する傾向があるビジネスモデルの実行可能性について長い間疑問に直面してきました。 現在、世界中でCovidの制限が大幅になくなり、価格が上昇しているため、このスペースの将来は不透明になっています。

3月、Gopuffは、リストラ計画の一環として、世界の労働力の約3%を削減すると発表しました。

一方、ニューヨークの新興企業であるFridge No MoreとBuykは、どちらもロシアの投資家から資金を調達しましたが、ロシアがウクライナに侵攻した後の資金調達の問題に直面した後、事業を終了しました。

「迅速な食料品配達会社は、調達した資本の額に基づいて生きたり死んだりします」と、eコマースコンサルタントのBrittainLaddはCNBCに語った。

「GetirやGorillasのようなプレーヤーの問題は、彼らがギミック企業であるということです」と彼は付け加え、プラットフォームの10分の配信時間の約束に言及しました。

Getir CEOは以前、彼の会社は「怠惰の権利を民主化した」と述べています。

オンデマンドの食品および食料品配達プラットフォームは、過去1年間ですでにかなりの統合を経ており、Getirは英国の新興企業Weezyを買収し、ドイツの配達ヒーローはスペインの食品配達会社Glovoの過半数の株式を取得し、DoorDashはフィンランドのWoltを買収しました。

今月初め、ロンドンを拠点とする食料品サービスのジフィーは、投資家に収益性を達成できることを納得させるために、配達をやめ、代わりに直接の食料品収集に焦点を移すと述べた。 同社はその後、Zappとの契約を通じて配達を再開する計画を発表しました。

Leave a Comment

Your email address will not be published.