Acer Predator Triton 500 SEレビュー:仕事と遊びのための洗練されたパワーハウス

Acerは、目立たないように努力することが多いラップトップメーカーの1つです。 Predator Triton 900を考えてみてください。これは、360度回転する画面を備えた野生のマシンで、ほとんど役に立たないことがわかりました。 今月初め、AcerはSpatiaLabsのメガネなしの3Dテクノロジーをゲーミングノートパソコンに導入する計画も発表しました。 野心的なスイングは素晴らしいものですが、最近はゲームの腕前が微妙なノートブックに興味があります。 そして、先週Predator Triton 500 SEをテストした後、私はAcerがそれをかなりうまくやってのけることができることを学びました。

ギャラリー:Acer Predator Triton 500 SE | 12枚の写真


Triton 500 SEは、大きなゲーミングノートブックに必要なすべてのパワーを、蒸し暑いオフィスや講堂で見違えることのない滑らかな金属フレームに詰め込んでいます。 派手なLED(いつでもオフにできるキーボードのバックライトを除く)やその他の不快なケースのブリンブリンはほとんど必要ありません。 仕事に取り掛かる準備ができています。 そして確かに、それは周りの唯一の微妙なゲーミングノートブックではありませんが、RazerBladeのような競合他社はTritonの2,300ドルの開始価格よりも高価です。

長所

  • ゴージャスで滑らかな16インチ画面
  • 高速な第12世代CPUとNVIDIAGPU
  • 洗練されたデザイン
  • クールなパフォーマンス
  • 簡単なオーバークロック
  • たくさんのポート

短所

  • より良いキーボードを使用できます
  • トラックパッドが硬い
  • 小さなスピーカー

Triton 500 SEと、強力なハードウェアを除けば、典型的な生産性の高いラップトップとの違いは、その見事な16インチ画面です。 アスペクト比は16:10で、通常のワイドスクリーンディスプレイよりも少し背が高く、ドキュメントの処理に便利です。 私たちのレビューユニットには、240Hz WQXGAモデル(2,560 x 1,600ピクセルで動作)が同梱されていました。これは、私の本では、シャープネスと絹のような滑らかなリフレッシュの理想的なバランスです。 HDRのサポートはありませんが、少なくとも500 nitの比較的高い明るさを提供し、DCI-P3の色域を完全にカバーします。 画面がトリトンが5.3ポンドの高さである大きな理由ですが、それでもほとんどの17インチゲーミングノートブック(Razer Blade 17は5.5ポンドでクロックイン)よりも優れています。

その輝かしいディスプレイを支えているのは、Intelの第12世代プロセッサとNVIDIAの最新のRTX 30シリーズGPUであり、垂れ下がるRTX3080Tiに至るまでです。 私たちが受け取ったユニットは、そのGPUに加えて、IntelのトップエンドCore i9 12900H、32GBのLPDDR5 RAM、および高速な1TBNVMeSSDを備えていました。 正直なところ、そもそもTriton500SEをレビューするきっかけとなったのはその構成でした。 この気取らないノートブックは実際にゲーマーを満足させることができるのだろうか? 結局、 はい


ヘイローインフィニットたとえば、ウルトラグラフィックス設定でのTritonのネイティブ解像度で85fpsに達しました。 Alienware QD-OLEDウルトラワイドモニターで慣れ親しんだHDRと広大なビューを見逃していましたが、16インチディスプレイでのゲームの没入感に驚いていました。 そのために背の高い16:10アスペクト比に感謝することができます-私が真っ先に飛び込もうとしているように感じることがありました ヘイローインフィニット マップ。 (これは、ラップトップ用にデスクをもう少し人間工学的にする必要があることの兆候かもしれません。)ゲームのグラフィック設定を下げてより高いフレームレートに到達すると、240Hzディスプレイも輝いていました。 私はまだこのような高いリフレッシュレートで完全に売られているわけではありませんが、ラップトップメーカーがよりスムーズでより現実的なゲームプレイを推進しているのを見るのは素晴らしいことです。

ギアヘッドは、Triton500SEの組み込みのオーバークロック機能を高く評価するでしょう。 Acerのソフトウェアを使用すると、クロック速度と熱プロファイルを簡単に調整できます。 個人的には、キーボードにシンプルな「ターボ」ボタンがあるのは嬉しかったです。 ファンを完全に回転させ、システムを自動的にオーバークロックします。 の ヘイローインフィニット そして、私が実行したすべてのベンチマークでは、通常、パフォーマンスが8〜10%向上しました。 大きな欠点は? とてもうるさいので、ヘッドホンなしでは使いたくないでしょう。

Acer Predator Triton 500 SE

Devindra Hardawar / Engadget

オーバークロックしなくても、Triton 500 SEは、私たちが投げたすべてのベンチマークを全滅させ、Razer Blade 15とほぼ同等のパフォーマンスを実現しました。PCMark10やGeekbench5のComputeテストのように、Razerが先行した例がいくつかありました。 (これは主にGPUにストレスを与えます)。 しかし、CinebenchR23や3DMarkのPortRoyalレイトレーシングベンチマークなどの他の製品では、Tritonが圧倒的なリードを維持しました。 部分的には、これはレビューユニットがわずかに高速な第12世代プロセッサを搭載しているためです。 そのターボスイッチを押すと、トリトンの数がさらに高くなります。

PCMark 10

3DMark(TimeSpy Extreme)

Geekbench 5

ATTO(トップ読み取り/書き込み)

Acer Predator Triton 500 SE(2022、Intel i9-12900H、NVIDIA RTX 3080 Ti)

6,779

4,887

1,736 / 11,382

6.4 GB / s / 4.9 GB / s

Razer Blade 15(2022、Intel i7-12800H、NVIDIA RTX 3080 Ti)

7,085

4,798

1,795 / 9,529

4.32 GB / s / 6.45 GB / s

ASUS Zephyrus G14(2022、AMD Ryzen 9 6900HS、Radeon RX 6800S)

7,170

3,821

1,543 / 9,839

3.5 GB / s / 4 GB / s

ASUS Zephyrus G15(AMD Ryzen 9 5900HS、NVIDIA RTX 3080 Max-Q)

6,881

4,530

1,426 / 7,267

3.3 GB / s / 2.85 GB / s

TritonのGPUを統合グラフィックスとディスクリートグラフィックスの間でインテリジェントに交換するNVIDIAのAdvancedOptimus機能も、私のテスト全体で問題なく機能しました。 統合されたグラフィックスを介してディスクリートGPUを圧縮する必要があった、古いOptimusマシンで発生したパフォーマンスのボトルネックは見られませんでした。 システム全体を再起動せずに両方のGPUを手動で切り替えることができるMUXスイッチもあります。

Triton 500 SEは、ベンチマークを実行して数時間ゲームをプレイした後も、比較的クールなままでした。 CPUは通常、負荷がかかった状態で約78℃でホバリングしましたが、GPUは83℃に達しました。 寒い地下室でテストしていたことは注目に値しますが、触ると熱く感じることはありませんでした。 ファンのノイズは、Tritonのデフォルトのパフォーマンス設定で私が期待するものでした。聞こえますが、ターボボタンで完全に上げるほど刺激的ではありません。

Acer Predator Triton 500 SE

Devindra Hardawar / Engadget

しかし、Acerは冷却と全体的なパフォーマンスを正しく実現しましたが、Triton500SEのハードウェアの一部がそれを妨げているのは残念です。 キーボードはゲームには問題ありませんが、長時間のタイピングセッションについてはもっとフィードバックが欲しいです。 大きくて滑らかなトラックパッドには感謝していますが、実際のクリックメカニズムは硬く感じました。右クリックの登録は特に苦手でした。 また、指紋センサーをトラックパッドに配置するのも好きではありません。スワイプしているときに指紋センサーが邪魔になることがよくあるからです。 そのセンサーを電源ボタンに貼り付けるか、WindowsHelloWebカメラを既に投入してください。 また、Acerには、小さなステレオスピーカーのペア以上のものがバンドルされていることを望んでいます。特に、Razer、Dellなどが、ノートブックにさらに多くのドライバーを詰め込んでいるためです。

バッテリーの寿命はもう1つの失望ですが、強力なゲーミングノートパソコンでのバッテリー寿命に慣れてきたと思います。 Triton 500 SEは、HDビデオのループを含むベンチマークで5時間25分続きました。 これは、Razer Blade 15よりも17分短いです。私の通常の就業時間中は、通常、再充電が必要になるまで約5時間続きました。 残念ながら、これは大画面のゲーミングノートパソコンでは一般的です。 電源プラグから離れすぎたくないでしょう。

Acer Predator Triton 500 SE

それでも、最高のパフォーマンスを得るには、ほとんどの人がワークステーションを接続したままにしておきたいと思うでしょう。 Acerには、2つのUSB 3.2 Type A接続、デュアルUSB-C Thunderbolt 4ポート、HDMI、イーサネット、SDカードスロットなど、真のワークステーションにするために必要なすべてのポートも含まれています。 そしてありがたいことに、Acerはヘッドフォンジャックを取り除けませんでした。最近、より多くのラップトップメーカーが行っています。

Acer Predator Triton 500 SEは2,300ドルから始まります。これは、第12世代Intelチップを搭載したRazer Blade 15よりも200ドル少なく、最新のBlade17よりも400ドル少なくなっています。レビューユニット(Razerなどの同等のマシンよりもまだ安価です)。 しかし、昨年の第11世代Intelチップを使用できる場合は、2,000ドル以下の古いTriton500SEモデルも見つけることができます。 ただし、パフォーマンスの違いは非常に大きいため、第12世代のチップを入手するために必要なことは何でもすることをお勧めします。

Acer Predator Triton 500 SE

Devindra Hardawar / Engadget

どちらかといえば、Triton 500 SEは、Acerが単にゲームの仕掛けを追いかける以上のことをしていることを証明しています。 安価で洗練されていないラップトップを何年も製造していることで知られている後、Acerが不要なブリンブリンなしで洗練されたゲーミングノートブックを作成できるのは素晴らしいことです。

Engadgetが推奨するすべての製品は、親会社から独立した編集チームによって選択されています。 私たちの物語のいくつかには、アフィリエイトリンクが含まれています。 これらのリンクのいずれかを介して何かを購入すると、アフィリエイトコミッションを獲得する場合があります。

Leave a Comment

Your email address will not be published.