FOCUS-米国の小売業者の膨大な在庫が大幅な値引きの準備を整える

(個人投資家からのコメントを追加)

SiddharthCavaleとArrianaMcLymoreによる

ニューヨーク、5月27日(ロイター)-最近、商品が不足している中で棚を補充するためにスクランブルをかけた米国の大手小売業者は、今週、店舗に商品が多すぎることを明らかにしました。売れ残り商品。

インフレ率の高騰とガス価格の高騰の中で、小売業者にとってより多くの問題が発生する可能性があることを示しています。 買い物客の嗜好が急速に変化する中、多くの小売業者は今や余剰商品に気づき、コストを押し上げています。

コストコホールセールコーポレーションによると、5月8日に終了した第3四半期の在庫は26%増加し、これには「数億ドル」の追加のホリデー商品と、小型家電製品や家庭用品の「少し重い」ものが含まれていました。

ギャップ社では、在庫の34%の急増は、オールドネイビーでの売り上げの低迷と商品の輸送時間の延長が原因であるとCFOのカトリーナオコンネル氏は木曜日に語った。

同様に、メイシーズのCEO、ジェフジェネットは今週、在庫の「不均衡」を挙げました。 「サプライチェーンの制約が緩和された」ため、「予想よりも早く」海外から商品を受け取ったという。 一方、買い物客は購入パターンを変え、機会に応じた衣料品やその他の商品を手に入れながら、購入する家庭用品を減らしました。

5月22日現在の18の小売業者の第1四半期の結果に関するシティの調査によると、米国の平均小売在庫は売上成長よりも速いペースで増加しています。18のうち11で、在庫は売上より10パーセントポイント増加しました。 、シティのアナリスト、ポール・レジュエズによると。 これは、コロナウイルスのパンデミックが始まる前からの最も広いギャップであり、2022年3月に始まった傾向を示しています。

サプライチェーンの危機の間、大手小売業者は、刺激チェックのために買い物客が現金で一杯になるのに十分な在庫があるように、スプリーを購入し、さまざまな商品を積み込み、商品への投資をまとめました。

しかし、幹部やアナリストによると、小売業者の動きは裏目に出た。 インフレが高騰し、燃料価格が高騰する中、買い物客は非常に急速に身を引き締め、衣料品、テレビ、利益率の高い家電製品の購入を減らしました。

そのシナリオは、ウォルマートやメイシーズのような小売業者に、より多くのアイテムを割引し、より深いプロモーションを提供することによって過剰在庫を一掃するよう促しています。これはマージンを損なう可能性のある動きです。 ウォルマートのCEO、ダグ・マクミロンは、アパレルを含むいくつかの利益率の高い商品の売り上げを伸ばすために、「積極的な」価格のロールバックを開始したと決算発表で述べた。

確かに、小売業者は依然として商品の調達と労働者の雇用にかかる高額な費用と戦っていて、提供するプロモーションの幅と深さを制限する可能性があると、ルーズベルトインベストメントグループのシニアポートフォリオマネージャーであるジェイソンベノウィッツ氏は述べています。

アマゾン・コム・インク、ロス・ストアーズ、オートゾーンの株式を保有しているベノウィッツ氏は、「割引が見られ、昨年よりも高くなるが、最終的には、在庫と人件費の調達コストが依然として高いために抑制されるだろう」と述べた。株式会社

過剰な商品

ウォルマートとターゲットによると、インフレによってテレビから歯磨き粉まですべての価格が上昇したため、一部の低所得の消費者は支出を抑制しました。

高収入の買い物客は弾力性を示し、スーツ、ガウン、靴をスナップし、サービス、経済データ、およびより裕福な世帯に対応する小売業者からの結果により多くを費やしています。

過剰な商品を保持することは、倉庫保管コストが上昇するにつれて高価であることがわかります。 ウォルマートの店舗と流通センターの商品数は前年比で32%増加し、ターゲットの商品数は前年比で43%増加し、第1四半期のベストバイの商品数は9%増加したと小売業者は述べています。 メイシーズは、その収益に関する電話の在庫は、2021年の同時期から17%増加したと述べました。

メイシーズの最高財務責任者であるエイドリアン・ミッチェル氏は木曜日、消費者が「パンデミック・カテゴリー」から急速に移行し、サプライチェーンの緩みにより予想よりも早く商品を受け取った結果、在庫が増加したと語った。 彼はメイシーズの第2四半期の粗利益が2019年のレベルに達すると予測しました。

今年は多くの小売業者が売れ残った商品を一掃するためにさらに値引きを始めると予想する人もいます。 たとえば、メイシーズのCFOは、「プロモーション環境の向上」について警告しました。

調査会社StyleSageのデータによると、メイシーズやコールズなどの中間層のデパートは5月中旬に価格プロモーションを強化し、57%の商品に実装しました。

StyleSageによると、衣料品のカテゴリーでは、小売業者は5月中旬の時点でアイテムの36%を割引し、4月全体の32%から引き上げました。 ただし、平均割引は1月以降12%で安定していた。

Jane Hali&Associatesの調査によると、Kohl’sは5月の第2週に8つのプロモーションを提供しましたが、前年同期は3つでした。

同様に、ウォルマートは5月9日の週に、一流の商品で最大65%オフ、ハイテク製品と家庭用品で最大25%オフを提供していました。同時に、昨年のハイテク製品の取引はわずか10%で、家庭用品は一部の商品にのみ掲載されていました。

(ニューヨークでのSiddharthCavaleとArrianaMcLymoreによる報告VanessaO’ConnellとNickZieminskiによる編集)

Leave a Comment

Your email address will not be published.