NASAは月に戻るための新しい宇宙服を開発するためにパートナーを選択します

このスーツは、国際宇宙ステーションに住んで働いている乗組員も着用します。 軌道を回る実験室は、宇宙探査の試験場であるだけでなく、新しい技術でもあります。

契約は、商業的パートナーシップを拡大する戦略の一環として、NASAによって授与されました。

両社は、次世代の宇宙服の開発を進めるために選ばれました。 両社がスーツとその宇宙遊泳能力をどのように提供するかに応じて、一方の会社が他方に勝つ可能性があります。 この柔軟性は、両社が製品開発を進めるにつれ、タスクアワードに組み込まれています。

「これらの賞により、NASAとそのパートナーは、人間がこれまでにない宇宙を探索できるようにする、高度で信頼性の高い宇宙服を開発します」と、ヒューストンにあるNASAのジョンソン宇宙センターのディレクターであるヴァネッサウィッシュは声明で述べています。

「業界と提携することで、国際宇宙ステーションでの発見を成功させるために必要な技術を効率的に進歩させ、月面の探索に目を向けています。」

アルテミス計画は、2025年までに最初の女性と最初の有色人種を月の南極に着陸させ、最終的に火星に着陸する乗組員のミッションの準備をすることを目指しています。

NASAの専門家は、宇宙服に必要な安全性と技術基準を開発しました。 AxiomSpaceとCollinsAerospaceは、宇宙ステーションの乗組員とArtemis宇宙飛行士のために、スーツと必要な機器を設計、開発、および製造する可能性があります。

NASAの国際宇宙ステーションプログラムの運用統合マネージャーであるディナコンテッラは、次のように述べています。

「私たちは、既存の宇宙服から新しい宇宙服へと整然と移行します。パートナーとしてプロバイダーと協力し、ISSとその宇宙服を現代に持ち込み、代理店を支援することを楽しみにしています。月への道。」

スーツは2020年代半ばまでに準備が整うと予想されています。 新しいスーツとその機能は、「これまで以上に月を探索するのに役立ちます」と、NASAの船外活動および人間の表面移動プログラムのプログラムエグゼクティブであるリンゼイエイチソンは述べています。

「これらの機能をテストすることができ、宇宙飛行士が軌道上または月面で使用される前にテストされる予定です」とWyche氏は述べています。

最初のステップは、宇宙ステーションの外でのデモとアルテミスIIIの月面着陸のためにスーツを届ける2つの会社を含みます。

NASAのアルテミスキャンペーン開​​発部門の副副長官であるマーク・キラシッチ氏は声明のなかで、「私たちの商業的パートナーシップは、私たちの人間の探査目標を実現するのに役立つだろう」と述べた。

「これらのサービスを使用して、NASAが低軌道で継続的に存在し、アメリカの宇宙飛行士を月面に戻すという今後の成果を期待しています。」

契約は、2034年までの宇宙遊泳に必要なすべてをサポートします。代理店は、以前の宇宙遊泳およびNASAの船外活動宇宙服開発プロジェクトからの飛行および地上ベースのテストデータをAxiomSpaceおよびCollinsAerospaceと共有しています。

以前は、開発プロジェクトでスーツをデザインしていました。

NASAの監察官ポールK.マーティンが2021年に発表した報告書によると、宇宙服の開発が大幅に遅れたため、2024年までにアメリカの宇宙飛行士を月に戻すという機関の目標は実現不可能でした。

NASAは次世代の宇宙服に10億ドル以上を費やしましたが、マーティンは「宇宙服は早くても2025年4月まで飛行の準備ができていない」と結論付け、「完成から数年」です。

NASAの船外活動およびヒューマンサーフェスモビリティプログラムのマネージャーであるララカーニーは、次のように述べています。

関係者によると、この契約の潜在的な最大価値は、すべてのタスクオーダーアワードで合計35億ドルです。

「私たちはNASAの目標を達成するだけでなく、新興の宇宙経済を支援および奨励することも支援しているため、将来的にはNASAの船外活動サービスだけでなく、さまざまな顧客がそれを購入できるようになります。将来」と語った。

両社はまた、スーツの開発に独自の資金を投資しており、宇宙服を所有する予定です。

「官民パートナーシップはNASAにとって本当に有益であり、それによって私たちが使用できるようになり、NASA以外の顧客にも提供できるようになります」とWyche氏は述べています。

「それで、それは私たち両方がそれから何かを得ている共有投資です。」

Leave a Comment

Your email address will not be published.